ペットロスの心を癒す呼吸法

ヨガ

愛犬や愛猫などの最愛のペットを亡くしたことで、ペットロスになり、毎日が悲しくて苦しく寂しくて…。他にも悩んでいる人、イライラしている人、うつ病などの精神的な病気を患っている人、重い病気を患っている人などは、呼吸が浅いといいます。


スポンサードリンク

鼻で呼吸して免疫力を免疫力を高める

息をしていても、肺の奥、ましてお腹にまで酸素と気が届かずに、「首」で呼吸が終わってしまっている方が少なくありません。

これでは慢性的な酸欠状態が続き、身体の細胞は弱まるばかりです。身体が弱まると心も弱ってしまいます。

呼吸するときは、鼻からゆっくりと息を吸い込み、お腹のおへその下を膨らませるように意識しましょう。そして、お腹全体で息を吸い込むようにします。

息を吐くときは、口でも鼻でもOKです。息を吐く時間は、吸い込む時間よりも長く時間をかけて吐き出します。

この呼吸をしながら、意識できるときだけでいいので感謝想起をしましょう。感謝想起とは「生かしていただきありがとうございます」と感謝することです。

この鼻からの呼吸は、肉体にも心にもとても重要です。口から空気を吸収すると雑菌も体内に入り、身体の免疫力が低下してしまいます。

そして、身体の新陳代謝が低下して、肥満体にもなりやすくなります。心も身体も免疫力を上げるためにも鼻からゆっくりと息を吸い込む呼吸法を習慣にしてみてください。

ペットロスによる悲しみや苦しみも、自然和らぎ、心も身体も少しずつ楽になっていくと思います。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ