ペットロスをプラスのエネルギーに変える

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

愛犬や愛猫などの最愛のペットを亡くし、寂しさや孤独感から過食に走ってしまう飼い主さんも少なくありません。無性に甘いものが食べたくなったり、やけ食いしてしまったりするケースが多いようです。


スポンサードリンク

体に優しいものを食べてペットロスを克服しよう

甘いものが食べたくなったり、やけ食いしてしまうのは、一見ストレスやペットロスのような心の問題を発散しているようですが、そうではありません。

やけ食いや過食はストレスや心の問題を発散するどころか、かえって体に負担を増やしているので、あとでより一層疲れてしまうことになります。

食生活が乱れるのは、心が疲れているサインです。愛犬や愛猫を喪い、悲しみからペットロスになり心が疲れている状態な中、極端に甘い食べ物や辛い食べ物、コーヒーやアルコール、味の濃いファーストフードなど、刺激のある食べ物は、美味しく感じるものです。

しかし、刺激物もやけ食いも、とりすぎると体にとっては負担です。胃腸はそれらを消化しようと必死に働きますが、間違いなく疲労することになります。

体調が悪くなるとマイナス感情が増え、ペットロスも深刻に

体にストレスをかければ、内臓の調子が悪くなったり、なんとなく元気が出なくなったりする時間が増えてしまいます。体調が悪くなると、心はマイナスの感情が増えるので、不安にもなりやすくペットロスの状況に陥ります。

もし、ペットロスに加え、「最近、落ち込みやすい」というような自覚があるのなら、体に優しい食べ物を意識するだけで調子が上向いてくることがあります。

具体的には、胃腸に負担をかけるような消化の悪い食べ物や刺激物を減らして、野菜などの自然な植物を摂るようにするといいでしょう。

本当に身体が疲れているときは、1日断食をして、内臓を休ませるのも効果的です。体調がよくなり、体が軽くなるとそれだけで心にプラスのエネルギーが増えるものです。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ