思いきり涙を流してペットロスの気分をスッキリさせる

泣く8

人間は涙を流します。目を保護するため、ゴミが入ったときに異物を流すため、そして、悲しいとき、嬉しいとき、感動したときなどに涙を流して「泣く」のです。この中で、気分をスッキリさせてくれる涙が、嬉しいときや感動したときに流す涙です。


スポンサードリンク

脳の中をリラックスさせてペットロスを克服していく

愛犬や愛猫などのペット失い、悲しい涙はたくさん流したことでしょう。しかし、悲しみの涙はでは、なかなか心が癒えることがなく、ペットロスを長い間抱えることにもなりかねます。

ペットロスを長期にわたり抱えていると、悲しみや苦しみに加え、自然とストレスもたまってきます。

このストレスをため込まないためにも、喜んだり、感動したりして涙を流して脳の中をリラックスさせることがよいとされています。

「泣ける」何かをみつけてみる

涙を流すと脳の中の前頭前野が働き、ストレス状態からリラックス状態に切り替わります。前頭前野がうまく働くためにはセロトニンという神経を活性化させる物質を出す必要があるのですが、そのためには日の光浴びる、腹式呼吸をする、人と触れ合うなどの方法があります。

その方法の1つが「涙」を流すことです。映画やドラマ、ドキュメンタリー番組、スポーツの試合など、自分が泣けるものものを観てみましょう。

小説などを読むこともいいと思います。自分の抱えるペットロスによる悲しみや苦しみ、不安や悩みとはまったく違うことで涙を流しても、脳のリラックスには効果があるといわれています。

ケンカをしたとき、失恋をしたとき、大泣きをしたらスッキリと立ち直れたというご経験がある方もいらっしゃると思います。

涙は、それほどストレス解消に効果があるのです。悲しみや苦しみ、不安や悩み事ががあってストレスを感じたときのために、自分にとって「泣ける」何かをみつけておくのもいいと思います。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ