夢を持つことでペットロスを克服する

空

夢を持つと、心の中には急速にプラスの感情が増えてきます。そのため、夢を持っている人は日常生活の中で嫌なことがあったり、ペットロスのような悲しみから生まれた不安を感じることがあったとしても、マイナスの感情が大きくなることがありません。


スポンサードリンク

ワクワクするような夢を持ってペットロスを克服

反対に、夢を持っていないと、どうしてもマイナスの感情のほうが早く増えてしまい、そのうち、「私はこのままペットロスから立ち直れずに年だけ問っていくのだろうか…」「愛犬(愛猫)がいないと生きている張り合いが感じられない…」といった不安な気持ちに包まれてしまう可能性が高くなります。

その証拠に、不安を感じている人に「あなたの夢は何ですか?」とお尋ねすると、すぐに答えられない人が多いようです。

そこでおすすめしたいのが、ペットロスのときこそ夢を持つということです。「今まで愛犬(愛猫)がいたから長期の旅行ができなかったし、海外旅行に行きたい」「今まで小型犬を飼ってきたけど、今度は憧れだった大型犬を飼いたい」

など、未来に達成したい夢について考えるだけで、心にはプラスのエネルギーが増えて、毎日が楽しくなります。

「この仕事が終わったら美味しいものでも食べに行こう」というような小さな夢でもかまいません。一番いけないのが、未来を暗いものだと決めつけてしまい、希望を抱くことをやめてしまうことです。

誰にも遠慮する必要はありません、自分のために、亡くなった愛犬や愛猫などの最愛のペットたちのためにも、夢に向かって歩んでいきましょう。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ