ペットロスを隠していて辛い思いをしている方へ

悩む26

愛犬や愛猫などの最愛のペットを亡くし、ペットロスに悩んでいる飼い主さんの中で、ペットロスのことを「人に知られたくない」と思っている方はいらっしゃいませんか?本当は辛いのに必死に隠してしまう方も少なくありません。


スポンサードリンク

ペットロスであることを告白することも克服の一歩

愛犬や愛猫を喪った悲しみから、ペットロスを引き起こし、本当は辛くて誰かに話したいのに、心のどこかで「人に知られたくない」「バカにされるのではないか」「ペットロスである自分が恥ずかしい」という気持ちがありませんか?

ペットロスに限らず、自分の中に「知られたくない」「恥ずかしい」「バカにされたくない」という気持ちがあると、誰もが必死にそのことを隠したくなるものです。

例えば、何か失敗してしまったとき、「人からバカにされたくない」という気持ちから、誰にも話さずいたり、実際にあったことなのに記憶から消し去ろうとしたりします。

しかし、恥ずかしいと思っていたことを、勇気を出して人に話しれ見ると、人という生き物は案外特別な反応を見せずに、バカになんてしたりしないのです。

ですから、人に言えないと思っていたことでも、思い切って誰かに話してみるといいでしょう。ペットロスであることを話すことで、心が軽くなり、自分も相手も心を開いて、よい人間関係を築いていくこいとができます。

ペットロスは恥ずかしいことではない

最愛のペットを喪うことはたいへん辛い体験です。その体験でペットロスになり、悩み苦しみ、どうしようもない気持ちになることは決して恥ずかしいことではありません。

人にはそれぞれ悩みやコンプレックスがあります。自分が「恥ずかしい」と思って隠してきたことは、単なる思い込みであることが多いのです。ペットロスは決して恥ずかしいことではありません。

ペットロスであることを一人で悩んでいる方がいらしたら、勇気をもって今まで言えなかったことを周囲に打ち明けてみると、相手との距離も縮まり、より良い信頼関係が築けることでしょう。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ