ペットロスから立ち直るための生活習慣

リラックス

ペットロスには、無理なライフスタイルや生活リズムの影響が大きいともいわれています。日常の生活リズムを見直して、ペットロスから立ち直る道を歩んでいきましょう。


スポンサードリンク

1日の流れをリズミカルに整えよう

私たちの日常生活は、食事・睡眠・休養・労働・運動という5つの要素で構成されています。これらがリズミカルに流れているうちは、健康を維持して体内時計を正常に調整してくれています。

体内時計がきちんと働いている人は、朝の目覚めがよく、食事が美味しく、身体が軽やかに動き、熟睡して、爽やかに目覚めるという循環で、毎日を送ることができます。

ところが、これらの1つにでも過不足が生じてバランスが崩れると、体内時計に狂いが出てきます。体内時計を動かしているのは自律神経ですから、この狂いが自律神経に影響を及ぼすことになります。

ペットロスにより、生活リズムを乱していないか、ちょっと立ち止まって振り返ってみましょう。

無理のない範囲で生活リズムを見直す

毎日規則正しくリズミカルに過ごすことができれば理想ですが、現実的には不可能です。忙しさに追われて、睡眠時間や食事時間が不規則になったり、仕事づけになったりすることもあるでしょう。

そんな不規則な生活を気にすると、ペットロスに加え、それがまた新たなストレスになります。規則正しい生活に固執するのではなく、自分なりのリズムに合わせて生活パターンをつくっていきましょう。

起床から就寝までの間で、睡眠や食事の時間、適度な休養、運動を適度に取り入れます。それが多少不規則なものでも、その人の生活に合っていることが大切です。

生活リズムに乱れはペットロスも悪化する

具合が悪くなってから自分の生活を見直すのではなく、睡眠時間が極端に短いとか、深夜まで飲み歩いている日が続いているなどと感じたら、早めに改めましょう。

また、痛みや疲労感など、身体が発するSOSに気付いたときは、素直に応じることが大切です。こうした状態が一時的なものであれば、自律神経のダメージもそれほど大きくなく、比較的容易に改善できます。

しかし、長期にわたってそういう生活を続けていると、身体のバランスを回復させるのに時間がかかり、ペットロスからうつ病や自律神経失調症など、様々な病気を抱えることにもなり兼ねませんので注意が必要です。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ