ペットの行方不明によるペットロスを克服

迷子

特に家と猫の場合、家と外を自由に行き来している子が多いので、行方不明になることが多いのですが、室内飼いにしている猫でも、ちょっと目を離したすきに外に飛び出てしまって迷子になり、そのまま行方不明になってしまうことがあります。


スポンサードリンク

人生は別れから学ぶ事もある

家を飛びたしたきり行方不明になってしまいますと、安否の心配もさることながら、そのときに扉を開けてしまったことや油断してしまった自分の行いを後悔しますし、側にいた者やおこなってしまった当事者を「何で気が付かなかったの!」「注意してっていつも言っていたのに!」というように、どうしても責めてしまうものです。

このような場合、誰が悪いわけでもありません。そういことは誰にでも起こりうる可能性がるものであって、細心の注意を払ったとしてもそんなに人は万能な生き物ではありません。

別れはいつも突然やってきますので、誰が悪いわけでもなく、そういう時なのです。人生ではそこから学ぶこともありますので、反省している相手をあまり強く責めないようにしてください。

いつでもどんな姿でも帰って来られる居場所をつくる

愛犬や愛猫が迷子になり、行方不明になったときは、まずは飼い主さん自らが探したり、ビラを配って情報を求めたり、最近では探偵会社に依頼して捜索してもらったりと、なんとしても見つけようと必死になることでしょう。

行方不明になって時間が経過するとともに、家族との間には温度差が出てきて、諦めるよう説得されたり、そこまでしなくてもと思われたりして探そうとすることができなくなり、思いはあるのに行動できずに苦しむこともあると思います。

色々と手を尽くしてみたら、あとは天の計らいに事を任せるしかありませんので、できることをしたあとは待つことと祈ることしかありません。

持つにしても時間が経過すると、生存を祈っていいのか、冥福を祈っていいのか、どちらを祈っていいのかわからなくなることもあるでしょう。そのようなときは、健やかなること、安らかなることを祈りましょう。

あとはどこかで誰かに救われていると思い信じるしかありまあせん。優しい人に生きて救われていることもありますので、できるだけ良い方向に考えましょう。

愛犬や愛猫が無事に帰ってきてくれることが一番ですが、生きているにしろ、亡くなっているにしろ、飼い主さんの心の中には帰って来られる場所をつくっておいて待っていてあげてください。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ