ペットロス克服には他者の良い刺激も悪い刺激も必要

話す1

生きているかぎり人間は他者と関わり続けます。他人からの良い刺激も、悪い刺激も、自己の成長のためには絶対に必要だからです。これはペットロスも同じです。


スポンサードリンク

ペットロスは温かい心を成長させる

人は、他人に冷酷なことができる人もいれば、他人を助けようと奔走する人もいます。他人からの善悪両方の刺激を受けて人の心は成長し、良心が生まれ育つものです。

ペットロスもペットを飼ったことがある人、ない人、動物が好きな人嫌いな人では考え方も感じ方も違います。ペットロスであることを打ち明け、相手からどんな言葉を返されても、それは自分を成長させるための刺激となります。

何事も明るく受け止めることができればいいのですが、なかなかそうはいきませんよね。それでもこれを苦にして避けていると、心の成長が止まってしまいます。

ペットロスとはとても辛く、亡くなった愛犬や愛猫を想うと悲しくて寂しくてたまらないことと思います。もし、他人から不純な悪い刺激を受けたならば、自分の中にある同質なものを捨てていきましょう。

他人から悪い刺激を受けて嫌な気持ちになれば、自分が他人に悪い刺激を与えることを捨ててしまえばいいのです。

他人から良い刺激を受けて嬉しかったならば、自分も他人に同じことをしましょう。良い刺激、悪い刺激が進むと、最後には周りの人を温かく包み込めるほど大きく成長した心を持つ人になれるかと思います。

 


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ