ペットロスについて

 

ペットロス症候群とは?

犬4

子犬や子猫が我が家にやって来たときは、可愛くて、ただ嬉しくて、こんな幸せな毎日に終わりが来るなんて考えたこともないことでしょう。しかし、ペットと暮らすということは、ある日突然、そんな日は必ずやってくるのです。

続きはこちら

ペットロスの背景

dog9

ペットを取り巻く環境は日々変化しております。昔は使役動物と言われて、役に立つから飼われていたというものでしたが、徐々に使役動物から愛玩動物という位置づけとなり、近年では伴侶動物(コンパニオンアニマル)と呼ばれるように、ペットたちの地位は向上しています。

続きはこちら

ペットロスは悲しみに対する正常の反応

cat

ペットの寿命は昔に比べると長くなっていますが、犬や猫などの寿命は人間に比べるとはるかに短く、生きる時間の流れも違います。

続きはこちら

ペットロスと人間関係

落ち込~1

愛犬、愛猫など、最愛のペットを喪ったとき、何も知らない人の一言は聞き流すことはできても、わかってくれそうな家族や友人、恋人から言われる一言はそうはいかないものです。

続きはこちら

ペットロスを一人で抱え込まない

悲しい2

愛犬や愛猫など、ペットとの別れ方や状況、年齢や関係性などによっても変わってきますが、ペットロスによる悲しみや苦しみ、寂しさ、後悔や自責、罪悪感や怒り、恨み、憎しみなど、心に抱く思いは様々です。

続きはこちら

自分の心と向き合って喪に服す時間が必要

猫

愛犬や愛猫を喪った悲しみや苦しみはすぐに癒えることはありませんが、時の経過と共にやがて穏やかなものになってきます。

続きはこちら

ペットロスの周囲の理解

落ち込む3

ペットといっても大切な家族であることには変わりはありません。家族とまったく同じように、あるいはそれ以上に多くの時間を共に過ごし、お世話をしてきたわけですから、愛犬や愛猫を喪うことは家族や友人を喪うのとまったく同じように悲しくて当然なのです。

続きはこちら

子供のころに大切なペットロスの経験

子どもと犬

子供にとって兄弟、姉妹のように時を過ごした身近なペットを亡くす経験は、命の大切さ、尊さを学ぶための大切な経験となります。

続きはこちら

家族にとってのペットロス

家族1

家族にとってペットは、まさに『家族の一員』です。愛犬や愛猫などのペットは、家族皆をつないでくれる中心的存在で、喜びや幸せを与えてくれた一人ですから、ペットを喪うということは家族にとってとても大きな悲しみとなります。

続きはこちら

夫婦にとってのペットロス

夫婦

お子さんのいないご夫婦にとって、愛犬や愛猫などのペットはまさに「うちの子」であり、我が子同然に扱い、何をするにも愛犬や愛猫のことを考え、どこへ行くのも一緒で、いつも夫婦の間にいるのが当たり前です。

続きはこちら

一人暮らしをしている人のペットロス症候群

犬

一人暮らしをしている単身者の飼い主さんにとって、愛犬や愛猫などのペットは一緒に暮らす家族であり、子供であり、恋人であり、友人・親友であり、同居者であり、保護者であり、伴侶であり、そして大切ななパートナーでもあります。

続きはこちら

高齢者のペットロス症候群

犬3

高齢者の方にとってペットは、我が子であり、よき話し相手であり、頼ってくれることによって生きがいを与えてくれ、温もりも与えてくれる心の支えでもあります。ペットを喪うということはとても大きな悲しみになります。

続きはこちら

子供のペットロス症候群

子ども

子供たちにとって、愛犬や愛猫などのペットは兄弟であり、姉妹であり、親友であり、遊び相手であり、よき理解者でもあり、共に成長していきますので、ペットを喪うというこということは人生で初めて経験する大きな悲しみとなり、心に大きな傷を負います。

続きはこちら

親にとってのペットロス症候群

親

親にとって愛犬や愛猫などのペットは子供のなかの1人であって、姿は違えど、血がつながっていなくても、同じく家族を構成する者であるといえます。

続きはこちら

犬や猫もペットロスになる

犬

ペットロスというと、その悲しみは人間だけのように感じるかもしれませんが、ペットロスという悲しみは人だけのものではありません。多頭飼いしているご家庭で暮らしているペットたちにも悲しみはあるもので、寂しさを感じるものです。

続きはこちら

ペットロスにはなっても構わない

泣く1

ペットロスは病気ではないということは皆さんにも知っておいていただきたいのですが、病気ではないからといって、ペットロスは決して簡単に克服できるものではありませんし、もちろんペットロスになることは悪いことではありません。

続きはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ