親にとってのペットロス症候群

親

親にとって愛犬や愛猫などのペットは子供のなかの1人であって、姿は違えど、血がつながっていなくても、同じく家族を構成する者であるといえます。


スポンサードリンク

「親は子の鏡」悲しいときは素直に泣く

愛犬や愛猫の存在は人と同じく愛情を注いでいるものですから、ペットを喪うということは子供を喪うような、とても大きな悲しみになります。

大人であっても子供であっても、ペットロスに大きな違いはありませんから、悲しみが大きいにもかかわらず、「子供の前で泣くわけにはいかない」「大人なんだから泣いてはいけない」などと思い込み、つい悲しみを自分のなかへ抑え込んでしまうものです。

「親は子の鏡」ですから悲しいときにには素直に泣いて、愛する者が喪われることは悲しいことだと、お子さんに教えてあげてください。

そうすることによって子供は自分の抱く悲しみが正しいものと安心できますし、悲しみを共有することで親子の絆もより深まることでしょう。

 ペットの存在が子供の優しい心を育て上げる

また、子供の方がペットたちから優しさを学んでいて、親が悲しんで涙していると心配してくれたり、ハンカチやティッシュを差し出してくれたりすることもあり、親であるあなたが素直に心を開くことで、子供の持っている優しさを引き出す機会にもなります。

悲しいときは素直に子供のように泣きましょう。無理に大人ぶって振る舞う必要はありません。さらに、命の弔うことを教える意味でも「たかがペット」「ペットにそこまでしなくても」と思わずに、きちんと供養してあげることで子供は命を弔うことを学びます。

この学びは子供にもとって、大人になってからも他でも活かされますし、親であるあなた自身のもしものときに役立つでしょう。

ペットのことだからと命を軽く扱えば、親であるあなたも軽く扱われるようになってしまうますので気をつけてください。

そして、「また飼えばいい」という大人の言葉は、大人の態度から「また買えばいい」となり、生命という数値には換算できないものを数字や金額に置き換えていることになります。

「ペットが亡くなったらまた買う」「おもちゃが壊れたからまた買う」というように、命や物を大切に扱う精神は薄れてしまい、他人の命や自分以外のものを粗末に扱うようになってしまいますから、言葉や態度に注意しましょう。

 自分のペットロスを子供に押し付けない

それと、「ペットは亡くなったときが辛いから」とあなたの癒されていないペットロスを押し付けて、子供たちがペットと暮らす幸せな教育の機会を奪っている方がおりますが、それが大人の課題であって、子供たちのことではありません。

確かに愛犬や愛猫などの愛するペットを喪うことは悲しいことですが、悲しみは悪いものという訳ではありません。

悲しいのは幸せであった証拠であり、幸不幸は一つで分け隔てることができないものですから、悲しみを避けることは幸せを奪うことにもなるのです。

ペットの命を看取るということは、学校や学習塾では学ぶ事のできない命の大切さを知る教育の機会になりますので、親が悲しみを避けて向き合わずにいることで、子供たちがペットと一緒に暮らす幸せや優しさを学ぶ機会を奪わないでください。

これにより、あなたの癒されていない過去のペットロスを解きほぐす機会が与えられることとなるでしょう。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ