ペットロスにはなっても構わない

泣く1

ペットロスは病気ではないということは皆さんにも知っておいていただきたいのですが、病気ではないからといって、ペットロスは決して簡単に克服できるものではありませんし、もちろんペットロスになることは悪いことではありません。


スポンサードリンク

ペットロスになるのは当たり前ことで自然な感情

よく「ペットロスにならないためにはどうすればいいですか?」とご質問を頂きます。しかし、私自身も生まれたときから愛犬のいる生活を送ってきましたし、愛犬が亡くなったときは毎回悲しみから逃れることができません。

私はむしろペットロスにはなってもいいと思っています。家族の一員である愛するペットを喪ったのですから、気持ちが塞ぎ、落ち込むのは当然のことです。

ペットロスを理解されないときもあるのが現実ですが、理解してくれる人も大勢いらっしゃることも忘れないでください。

犬や猫など、人間以外の動物は言葉を話すことができません。そのため、多くの飼い主さんが愛犬や愛猫を亡くしたとき、抱える感情があります。

強い後悔からご自分を責めてしまう飼い主さんも多くいらっしゃいます。1つの命を預かった身として、全てを背負い、責任を感じてしまうのです。

「あのとき、愛犬の不調に早く気付いてあげられていたら」「早く動物病院に連れて行っていれば愛猫は助かっていたかもあしれないのに」などと、自分を責めてしまう飼い主さんは少なくありません。

また、自分の感情と周囲の反応にギャップを感じ、孤独感が増し、飼い主さんの悲しみを大きくしてしまうこともあります。

その他にも、「また次の子を迎えればいいじゃない」「長生きしたんだらいいじゃない」などの言葉は、例え相手の励ましの言葉とわかってはいても傷つくものです。

ペットロスの悲しみや喪失感も自分の中の一部

愛犬や愛猫を喪い、悲しむことは間違いではありません。「いつまでも泣いてるとあの子も悲しむよ」と周囲に言われることもあるかもしれません。

ペットロスを克服するには時間は決まってはいません。ですので焦る必要も、逆に悲しみが日に日に薄れていっても罪悪感を感じる必要もありません。

しかし、できることもあります。何でも話せる友人に相談したり、信頼していた獣医師さんに話を聞いてもらったり、同じ境遇にいる方とコニュニケーションをとることも1つの手段です。

ペットロスの悲しみは乗り終えるといったものとは少し違うものだと私は思っています。愛犬や愛猫などの最愛のペットを喪った辛さは、決して人生の後ろに置いていけるものではないからです。

ただ、ペットロスによる悲しみも喪失感も、ご自身の一部として抱いていける強さを人間は持っていることも忘れないでいてほしいと思います。

愛犬や愛猫のおかげで幸せな日々を送れたこと、愛犬や愛猫を喪ったことをきっかけに違う生き方を学ぶ事ができたことを忘れないでください。

 


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ