ペットロスの身体的症状

 

ペットロスの悲しみによる身体的症状

涙2

心から愛した者との別れは、相手が人であろうと動物であろうと、とても悲しく人生でもっとも辛い出来事かもしれません。愛する者との別れは、様々な場面で涙するものです。

続きはこちら

ペットロスによる睡眠障害・不眠症

寝不足

愛犬や愛猫を喪えば、ペットのことを思い出し、泣き明かす夜もありますし、寝ようとベッドへ入っても疲れているはずなのになかなか眠れないこともあるものです。

続きはこちら

ペットロスによる摂食障害とは

辛い8

愛犬や愛猫を喪った悲しみから食事をする気が起きない、食が進まない、食べ物が喉を通らない、食べることへの罪悪感を感じるなどから拒食症になってしまうペットロスを抱えた飼い主さんもいらっしゃいます。

続きはこちら

ペットロスで悩まされる身体的症状

うつ9

ペットロスで苦しむ飼い主さんのなかには、様々な身体的症状を訴える方がいらっしゃいます。最愛のペットを亡くしたショックから、心身共に疲れきってしまうことは決して珍しいことではありません。

続きはこちら

悲しみによるペットロスの身体の変化

悩む8

悲しみによるペットロスの最中にしばしば起こる身体の変化について悩む飼い主さんも少なくありません。人間は感情やストレスによって様々な身体の変化を起こします。

続きはこちら

ペットロスと原因不明の身体の症状

頭痛12

愛する愛犬や愛猫を亡くし、ペットロスを訴えている中、「最近、疲れがとれない」「なんとなく頭が重い」「気持ちがふさぎがち」「なかなか眠れない」などの身体の不調も訴えるペットロスの方も増えています。

続きはこちら

ペットロスと自律神経失調症

辛い4

自律神経失調症は、交感神経と副交感神経という2つの自律神経のバランスの乱れによっておこりますが、なぜバランスが乱れるのか、簡単には説明できません。自律神経症状が千差万別であるように、その原因もその人その人によって異なるからです。

続きはこちら

深夜のパソコンやスマフォの操作がペットロスを重くする

パソコン1

十分な睡眠が、心身の健康に欠かせない要素であるにもかかわらず、睡眠と覚醒の規則正しい生活リズムが乱れてしまうと、ペットロスのように心身にさまざまな不都合が出てきます。

続きはこちら

ペットロスによってたまるストレスがうつ状態を招く

頭痛11

ペットロスになると徐々にストレスもたまっていき、普段との自分とは違う気持ちや行動があらわれることがあります。そのいつもと違う感じの自分に気づくようにすることがペットロスを克服するためには大事なことです。

続きはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ