ペットロスによる睡眠障害・不眠症

寝不足

愛犬や愛猫を喪えば、ペットのことを思い出し、泣き明かす夜もありますし、寝ようとベッドへ入っても疲れているはずなのになかなか眠れないこともあるものです。


スポンサードリンク

ペットロス克服には休養も必要

辛い出来事や悲しい出来事があると、人はなかなか眠りにつくことができなくなります。考えないようにしよとすると余計に考えてしまい、頭の中は可愛い愛犬や愛猫の姿ばかり思い出してしまったりします。

忘れようとしても忘れられるわけもなく、眠れない日が続くことでしょう。また、泣き疲れてそのまま眠ってしまったり、眠りについても愛犬や愛猫の夢を見て目が覚めてしまったり、睡眠不足から、朝起きれないということもあります。

泣いたり眠れなかったりすることで、目が腫れてしまったり、目の周りや鼻の下が痛くなったり、精神的にも身体的にも疲れてしまうのも無理ありません。

いずれも時間と共に改善されていくものですので、辛いときや悲しいとき、苦しいときは無理をせず身体を休ませるためにも休養をとることが大切です。

ペットロスによる睡眠障害は、身体が起き上がりたくない、目が疲れていて閉じていたいという身体からの発する自然な要求です。

長引く睡眠障害は早めの治療を行う

ペットロスで不眠症になり、不眠症からうつ病になるケースもあります。心も身体も疲れきってしまうと心身ともにバランスを崩してしまい、日常生活に支障をきたすほどになると、精神科や心療内科による専門家による治療が必要となることもあります。

ペットロスは病気ではありませんが、あまりにも眠れない、疲れがとれない、食欲がない、頭痛や倦怠感に悩まされ、通常の日常生活を送ることができないようでしたら、早めに精神科や心療内科を受診することをおすすめします。

臨床カウンセラーに相談するのもいい方法ですし、一人でどうにかなると思わず、早めに対処にして睡眠障害を改善するようにしましょう。

入眠導入剤に抵抗のある方もいらっしゃるかもしれませんが、入眠導入剤は依存性は低く、眠れないことのほうが精神的にも身体的にも負荷がかかるため、入眠導入剤を服用することで深い眠りにつくことができ、身体も心も回復していきます。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ