ペットロスの悲しみによる身体的症状

涙2

心から愛した者との別れは、相手が人であろうと動物であろうと、とても悲しく人生でもっとも辛い出来事かもしれません。愛する者との別れは、様々な場面で涙するものです。


スポンサードリンク

悲しみと苦しみによるペットロス

ペットロスの身体的症状として、誰もが通る道でもあるのが『泣く』ことです。愛するペットを喪えば、こんなに涙が出るものなのかというほど、自然と涙が溢れ出てくることでしょう。

亡くなる前のことや亡くなったときのことを思い出しては涙が止まらなくなり、葬儀の際や見送るときなども涙するものです。

また、外出先で愛犬や愛猫に似た犬や猫を見けれたり、今まで愛犬や愛猫が使っていた愛用品や好きだった食べ物を見たり、一緒に過ごした思い出や写真などからも自然と涙がこぼれるものです。

ときには、愛犬や愛猫に対する後悔や自責の思いから涙ながらに悔いることもあれば、罪悪感などから涙しながら謝ることもあるでしょう。

このようにいろいろな場面で愛するペットを喪った悲しみから涙することばかりの日々が続くと思います。

私自身、生まれたときから動物に囲まれた人生を送ってきましたが、愛するペットが亡くなる悲しみは何度経験しても辛いものです。

命とは必ず終わりがきます。それはわかっていても、愛する者を喪う悲しみや苦しみはかなかな整理できず、理解に苦しみます。

ですから泣いてもいいのです。人前で涙することは恥ずかしいことではありません。人生を共に過ごした愛犬や愛猫が亡くなれば悲しいのも辛いのも苦しいのも当然のことです。

想いのままに涙することがペットロス克服への道

大人になると感情のままに生きることが難しくなることが多々あります。社会生活を送っていると、涙を堪えないといけないときがあります。

しかし、それ以外は涙を堪えずに素直に心の悲しみを表してください。泣いてもいいときには素直に泣きましょう。

涙は決して悪いものでもなければ、迷惑をかけるものでもありません。涙は人の心洗い流し、深く清らかにしてくれるものです。

感情を表す、愛を表すこんな素敵なものを「大人だら」「迷惑をかけるから」などと堪える必要はありません。

悲しくて泣きたいのに、苦しくて泣きたいのに、寂しくてなきたいのに泣くことを我慢していては、それこそ体によくありません。

ペットロスを克服するためには、心のままに素直に涙することも大切です。人前や家族の前では泣けないという方でも、一人きりになるお風呂の時間でも構いません。

自分の感情のままに愛するペットを想い、涙してください。その涙は決して無駄なものなどではありません。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ