ペットロスの精神的症状

 

ペットロスによる不安感と孤独感について

落ち込む6

精神的なよりどころであった愛犬や愛猫などのペットを喪って寂しくなったり不安になったりすることや、最愛のペットに先立てれたことにより、自分一人取り残されたようで孤独を感じることはよくあることです。

続きはこちら

ペットロス症候群による罪悪感や後悔

落ち込む5

愛犬や愛猫を喪うと、「早く気が付いていれば」「あのときにああしていれば、こうしていれば」「もっと○○してあげらばよかった」というように様々なことに後悔し、「私が気付くのが遅かったから」「私が○○してしまったから」「私のせいで…」とういうように、ペットロスによる罪悪感や後悔で、至らなかった自分を責めてしまうことがあります。

続きはこちら

ペットロス症候群による怒りや恨み

怒り

愛犬や愛猫などのペットが交通事故や医療事故、不慮の事故などで無くなった場合には、過失の相手への怒りや恨みが当然あるものです。怒りや恨みによってペットロス症候群になる飼い主さんも少なくありません。

続きはこちら

ペットロス症候群による活力の低下

うつ病4

愛犬や愛猫などの最愛のペットが亡くなったときのことことばかり考えてしまい、物事に集中できなくなり、ミスを繰り返してしまったりします。

続きはこちら

ペットロスとうつ病について

悩む26

うつ病は1つの要因だけでなる病気ではなく、性格や遺伝的な要因、生活環境の変化、脳の機能が正常に働かなくなったなど、様々な要因が重なって発症する症状と考えられています。うつ病は、今ではよく知られている非常にありふれた病気です。

続きはこちら

ペットロスによる適応障害とは

うつ30

愛犬や愛猫などの最愛のペットとの悲しい別れは、飼い主さんにとってたいへん辛く耐え難い出来事であり、気分や行動面に症状があらわれるのが適応障害です。

続きはこちら

ペットロスである自分を認めることが大切

うつ30

不安なことやストレスを抱えていても、自分ではなかなか気づきにくいものです。これはペットロスも同じです。また、ペットロスの症や不安や悲しみが強くても我慢して元気よく振る舞ったりする方がいますが、無理をしても空回りしてしまいます。

続きはこちら

怒りの気持ちが表れるペットロスの症状

辛い3

「怒り」とは、思いもよらないことをされたり、不当な仕打ちをされたために感じる侵害感と関係していて、その対象に攻撃的な態度で対応しようとすることです。

続きはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ