ペットロスによる不安感と孤独感について

落ち込む6

精神的なよりどころであった愛犬や愛猫などのペットを喪って寂しくなったり不安になったりすることや、最愛のペットに先立てれたことにより、自分一人取り残されたようで孤独を感じることはよくあることです。


スポンサードリンク

心の中に強い味方が存在する

愛犬や愛猫などのペットを喪った飼い主さんは、「これからどうしたらいいのか」「どうやって生きていけばいいのか」と将来への不安から焦燥感に駆られたりすることもあるでしょう。

また、周囲の人にペットロスによる深刻な心の問題を理解されないことから、孤立感を抱いたりすることもあると思います。

我が子のように、兄弟や姉妹のようにずっと一緒に生活してきた最愛のペットを喪う悲しみは計り知れません。

ですから焦らず、ゆっくりと、自分のペースで少しずつ悲しみと現実を受け止めるようにしていきましょう。

姿かたちはなくなっても、飼い主さんは一人ではありません。悲しみを寂しさから、見えにくいかもしれませんが、あなたには仏様となって見守ってくれる心強い味方がいるはずです。

亡くなったペットはどこか遠くに逝ってしまうのではなく、仏様となって飼い主さんの心の中に帰ってきて、一緒に生きているのだと感じることができる日が訪れます。

それまで焦らず、ゆっくりと自らの心を見つめてください。また、あなたが必要としている誰かがどこかにいて、あなたを必要としている誰かもどこかにいますので、これから出逢う時の導きを大切にしてください。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ