ペットロスになる理由

 

高齢化社会によるペットの役割

高齢化

今では家族同然に生活している犬や猫などのペットたちも、昭和時代は、野良猫も多く、犬を飼うのは番犬としてというご家庭が多く、大型犬や中型犬が多く飼われていました。

続きはこちら

少子化によるペットの役割

子どもと犬

現在、日本は少子化が加速度的に進んでいます。結婚はしても共働きで仕事を持っているせいか、私の周りでも子供のいる家庭は少なく、数えるほどしかいません。

続きはこちら

ストレス社会の日本とペットの役割

ストレス

今の現代社会でストレスのない日々を送ることは難しく、避けては通れない道でもあります。ストレスなしでは生きていくことができないといっても過言ではありません。

続きはこちら

ペットロスのはじまり

ペット

命あるものは時と共にやがて老いていきます。老いてくれば病気にもなります。病気が進めばいつかは亡くなるものです。これは、命あるすべての者たちが避けることのできないこの世の道理なのです。

続きはこちら

ペットロスに陥りやすい飼い主とは

落ち込む1

ペットロスとはペットを飼っていれば、誰でも陥る可能性はあります。溺愛していた愛犬や愛猫などのペットを喪う気持ちはなかなか癒えないものです。

続きはこちら

ペットロスは愛した者たちが通る道

道1

愛犬や愛猫などの最愛のペットを喪っても、人を喪ったときと同じように理解してくれる人が側にいてくれる人は幸せです。多くの人が理解してもらえない人に出会うように、ペットロスというものが認知されているほど、社会はペットブームに反して成熟してはおりません。

続きはこちら

若くしてペットを喪う責任によるペットロス

子犬

ペットがまだ若いうちに病気や事故などによって愛犬や愛猫を喪うと、飼い主さんは「自分の責任だ」とご自分を責めてしまう傾向にあります。

続きはこちら

見送り方やペット霊園においての後悔とペットロス

頭痛8

愛犬や愛猫などの最愛のペットが亡くなれば、お別れをすることになり、その見送り方やペット霊園などにおいても後悔することがしばしばあるものです。

続きはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ