ストレス社会の日本とペットの役割

ストレス

今の現代社会でストレスのない日々を送ることは難しく、避けては通れない道でもあります。ストレスなしでは生きていくことができないといっても過言ではありません。


スポンサードリンク

ストレスや睡眠不足でうつ病にさえなりうる

朝、新聞を読んでいても、夜テレビを見ていても、『ストレス』という言葉を聞かない日はありません。成人病の元凶は、肥満、高血圧、そしてストレスが大きく影響しています。

仕事で疲れているはずなのにストレスがたまり眠れなくなって睡眠不足が続くと、うつ病を患い苦しんでいる方たちもいらっしゃいます。

ストレスはため込むと、うつ病を初め、さまざまな病気になる可能性が高くなるので、日々のストレスを発散しなければなりません。

それはわかっていても、なかなかストレスを発散することは難しいものです。ストレスの解消法を誰もがもっていれば、毎年3万人以上の方々が自ら命を落とすことはありません。

精神状態が不安になると、何らかの安らぎや救いを求めるのは自然な心理だと思います。犬や猫を飼い、目を向けることは、心が穏やかになるのも事実です。

仕事で疲れて家に帰って来たとき、出迎えてくれる愛犬や愛猫を見ると、心が和むことでしょう。ペットはこちらが愛すれば愛するほど、無償の愛で返してくれます。

会社で嫌なことがあっても、恋人とケンカをしても、友人とそりが合わなくても、家に帰ればいつも快く受け入れてくれます。

そんな愛犬や愛猫が空気のように傍にいてくれると、飼い主さんの心が和むのも当然です。この世の中、「ギブアンドテイク」で成り立っていることが多いですが、ペットたちは無償の愛を飼い主さんに無限に注いでくれます。

ペットがいれば、例え一人暮らしをしていても寂しくありませんし、言葉は理解できなくとも、いい話し相手になります。

お散歩に出掛ければ、通りすがりに人に「可愛いワンちゃんですね」と話しかけられたり、お散歩で出会う人たちとは犬を飼っていると繋がりだけで会話がはずむこともあります。

ストレス社会とペットとの関わり

愛犬を連れてドッグカフェでまったりとお茶をしている人を見ると、ペットを飼っていない人たちは憧れを抱くことも少なくありません。そんなこともあって、犬を飼う人も増えていきます。

昔では考えられなかったオシャレなカフェや、ショッピングモールなどに一緒に出掛けられるのですから、飼い主さんは、日頃の仕事やプライベートのストレスを忘れて、愛犬中心、愛猫中心の生活や会話が成り立つ世界で遊ぶことができ、ストレス解消にもなります。

ストレスの多い現代社会において、明日も知れぬ社会不安が大きくなるのと比例し、犬や猫などのペットが増えてきているのも理解できることでしょう。

日本は高度経済成長からバブル崩壊ごろまで、しばらくの間、右肩上がりの経済成長をしてきました。経済も成長し、人口も増加し、教育レベルも上がっていきましたが、バブルがはじけて、経済も不況になり、子供の学力も低下し始めてきました。

そんな今の時代に生きる人々にとって、ペットは心地よい存在でしょう。ペットと生活するとい、少なくとも家の中は明るくなります。

そんな中、ペット共に生きている飼い主さんたちが、ある日突然、愛犬や愛猫を喪ったらペットロスに陥るのは当然のことです。

ストレス社会とペットは、一見何の関係もないように見えるかもしれませんが、これほど大きく関わっているのです。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ