ペットロスを乗り越えるステップ

 

ペットロスを乗り越える第一段階【否定】

辛い2

愛犬や愛猫などの最愛のペットが亡くなったとき、またはもう病気が治らないと宣言されたとき、飼い主さんが真っ先に発する言葉の多くは、「嘘でしょ!?」「まさか!?」などです。

続きはこちら

ペットロスを乗り越える第二段階【後悔】

悩む7

愛犬や愛猫などの最愛のペットが亡くなったことという現実を受けいれると、その悲しみに涙するのと同じく、ペットロスによる後悔や自責の念が強くあらわれます。

続きはこちら

ペットロスを乗り越える第三段階【悲しみ】

泣く4

ペットロスによる激しい感情が少し穏やかになってくると、今度は『悲しみ』という悲嘆と向き合わなければなりません。

続きはこちら

ペットロスを乗り越える第四段階【怒り】

怒り2

ペットロス症候群の悲しみの段階を超えると、怒りの感情が生まれることも珍しいことではありません。怒りの感情は、獣医師や看護師、家族、そして自分にまで怒りをぶつけてしまうこともあります。

続きはこちら

ペットロスを乗り越える第五段階【受容】

うつ7

ペットロスを乗り越える過程で、ひとしきり怒ったあとに、ようやく「あの子は本当に天国へ逝ってしまったんだ」「治らない病気にかかっていたんだ」という事実を理解できるようになります。

続きはこちら

ペットロスは人を優しくも強くもさせる

hug1

ペットロスを乗り越えるステップを順番通りに経験するだけでなく、前後し逆になりながら繰り返していくうちに、徐々にペットロスによる悲しみや苦しみの心が徐々に整理されていき、愛犬や愛猫などの最愛のペットを喪った悲しみはやがて穏やかになっていきます。

続きはこちら

新しい犬や猫を飼い始める時期はいつがよいのか

子犬と子猫

愛犬や愛猫などの最愛のペットが亡くなったあと、いつ新しい犬や猫などのペットと暮らし始めることができるようになるのかに関しては、人によりさまざまで、一般論はないといってもいいでしょう。

続きはこちら

ペットロスの最後のステップ【解決】

空4

ペットロスの最後のステップが立ち直り、すなわち「解決」です。悲しみがうすらいでいくことは、亡くなった愛犬や愛猫などの最愛のペットを忘れ去るということとは違います。

続きはこちら

ペットロスは一進一退でも確実に回復へと向かう

空5

ペットロスは、風邪のように薬を飲んで眠れば治るというわけではありませんので、症状が軽くなったと思ったらまた悪化するという具合に一進一退を繰り返しながら回復していくことが多いといえます。

続きはこちら

ペットロスを克服する3つのステップ

3

問題解決の具体的な方法を身につけると、気持ちや感情が変化していきます。しかし、何もせずにペットロスを抱えたままでいると、行動をさまたげるようなさまざまな自動思考が思い浮かんでしまいます。

続きはこちら

ペットロスによる悲しみと向き合うには

犬

家族同然のかけがえのない愛犬や愛猫などを喪えば、誰もが悲しく辛い思いをします。また、突然の事故など、心の準備ができていないまま愛犬や愛猫を亡くした場合には、ショックからの回復に時間がかかることも決して珍しいことではありません。

続きはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ