ペットロスによる悲しみと向き合うには

犬

家族同然のかけがえのない愛犬や愛猫などを喪えば、誰もが悲しく辛い思いをします。また、突然の事故など、心の準備ができていないまま愛犬や愛猫を亡くした場合には、ショックからの回復に時間がかかることも決して珍しいことではありません。


スポンサードリンク

愛犬や愛猫を喪えば誰もが悲しむもの

近年、『ペットロス』と呼ばれているのは、こうした飼い主さんの深い悲しみや悲しみが引き起こす心身の不調のことです。

人間の家族を亡くした場合には、周囲の誰もがその悲しみを理解し、あなたを気遣ってくれることでしょう。しかし、それがペットの場合、理解してくれる人は多いとは言えないのが現状です。

愛犬や愛猫などの最愛のペットを亡くした飼い主さんがどれだけ苦しい思いをしているかということは、社会的にはまだよく認知されていません。

愛犬や愛猫を亡くし、ペットロスによる悲しみや苦しみを友人や知人に話したところ、「ペットが亡くなったくらいでそんな大袈裟な」「いつまでも悲しんでないでペットのためにも泣くのをやめなよ」などと、心ないことを言われることがある飼い主さんもいらっしゃるかもしれません。

確かにペットロスは特別な病気ではありません。しかし、泣いたり落ち込んだりすることは、愛する者を喪ったときに当然起こる反応であり、押し殺す必要はありません。

愛犬や愛猫を喪って悲しんでいる自分を否定せず、ゆっくりと心を整理していききましょう。

ペットロスで起こる心体の変化とは

愛犬や愛猫などのペットを喪ったショックやその後の孤独感、その他にも様々な感情が入り交じることで、ペットロスの悲しみはより複雑なものになります。

他の飼い主さんが犬を散歩させているのを見たり、猫とじゃれ合っている姿を見て、嫉妬や憤りを感じ、ますます辛くなるといった飼い主さんも少なくありません。

こうしたストレスが積み重なっていった結果、食事が喉を通らなくなったり、不眠症になってしまったり、うつ状態、たまはうつ病を発症することも珍しくありません。

ペットロスを抱えた飼い主さんの中には、他の犬や猫を見るのが辛くて外に出られないというケースもあれば、逆に愛犬や愛猫との暮らしを思い出すから家には帰りたくないとうケースもあります。

こうした心身に不調をきたすのは、愛犬や愛猫が亡くなったあとばかりではありません。愛犬や愛猫の老化や病気の進行に気付いた飼い主さんが、「もうすぐ亡なってしまうんだ…」と強いショックを受けることで、ペットロスと同様の不調が現れることがあります。

ペットロスの悲しみは、すべての愛犬家や愛猫家にとって避けられないものです。しかし、悲しみの中にも温かな気持ちが抱けるような、より幸せなお別れの仕方を選ぶことはできます。

現在も犬や猫などのペットを飼っている飼い主さんは、愛犬や愛猫の老いをどのように見守り、最期をどのように看取りたいか、ある程度の時期が来たら考えておくことも大切です。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ