新しい犬や猫を飼い始める時期はいつがよいのか

子犬と子猫

愛犬や愛猫などの最愛のペットが亡くなったあと、いつ新しい犬や猫などのペットと暮らし始めることができるようになるのかに関しては、人によりさまざまで、一般論はないといってもいいでしょう。


スポンサードリンク

新しい犬や猫は身代わりにはならない

新しい犬や猫を迎え入れれる場合、その動機がとても大切です。もしも、亡くなった愛犬や愛猫などのペットの身代わりとして新しい犬や猫を飼うのであれば、それは少し待ってほしいと思います。

ペットの種類、品種、性別、姿形が似ている犬や猫などの動物を探すことはできますが、性格やしぐさ、行動までそっくりなペットを期待することはとても難しいことです。

新しいペットと新しい関係を築く準備ができないまま、ただ外見だけそっくりな身代わりの動物との生活を始めた場合、「あの子はこんふうじゃなかった」「あの子だったらこうだったのに」など、新しい犬や猫に対する不満ばかりが目につき、愛情を持つことができない可能性もあります。

「寂しくてたまらない」「悲しくてたまらない」「辛くてたまらない」「愛犬の温もりを感じたい」「愛猫のいなくなった心の隙間を埋めたい」「あの子に還ってきてほしい」などという理由で、新しいペットを飼い始めるのでとても危険です。

逆に、周囲から「寂しさが紛れるから」「早く新しい犬や猫を飼ったら?」「亡くなったペットを忘れるには新しい犬や猫を飼うのが一番いいよ」などとアドバイスされ、自分ではまだ新しい犬や猫を飼える気持ちになっていないのに、新しいペットを飼い始めてしまうケースも少なくありません。

また、さらに強引なケースとしては、半ば押し付けられた形で新しい犬や猫との生活を始めてしまう飼い主さんもいます。

そのうち愛情が芽生えるかなと期待して暮らしていたのに、思い出すのは亡くなった愛犬や愛猫のことばかり、というペットロスの状態になることも珍しくありません。

まれには、何か運命的な出会いによって、新しいペットとの生活が始まることもあります。このような場合には、愛犬や愛猫が亡くなってから時間が経っていなくても、あるいは亡くなる前であっても受けいれがスムーズにいくことが多いように思えます。

ペットロスを乗り越えた先には明るい未来がある

愛するペットを亡くした悲しみは、ある時期になると気持ちの整理ができるようになります。この時期が訪れるまでの期間は人によって様々ですが、亡くなった愛犬や愛猫などのペットのこと思いだして考えることができるようになり、新しい犬や猫などの動物と一緒に暮らしてみようかなと自然に思えるようになります。

この時期がその人にとっての「いつ」なのではないでしょか。反対に、亡くなった愛犬や愛猫に対する愛着心や、愛情を放棄することになるのではないかと考え、新しい犬や猫と暮らすことに罪悪感を抱いてしまう飼い主さんもいらっしゃいます。

時に、愛犬や愛猫が亡くなった原因に関して責任を感じている場合は、このような傾向が強くあらわれます。

新しい犬や猫などの動物を飼うことは決して、亡くなっ愛犬や愛猫などのペットを裏切る事にもなりませんし、忘れることでもありません。

愛するペットを喪う悲しみや苦しみを乗り越えることによって、人は成長し、一歩前進することができます。ペットロスを乗り越えた先には必ず明るい未来が待っています。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ