ペットロスは人を優しくも強くもさせる

hug1

ペットロスを乗り越えるステップを順番通りに経験するだけでなく、前後し逆になりながら繰り返していくうちに、徐々にペットロスによる悲しみや苦しみの心が徐々に整理されていき、愛犬や愛猫などの最愛のペットを喪った悲しみはやがて穏やかになっていきます。


スポンサードリンク

ペットロスで学ぶ強さと優しさ

悲しみが癒える期間は人それぞれ個人差がありすので、早く立ち直る飼い主さんもいらっしゃれば、ゆっくりと立ち直る飼い主さんもいらっしゃいますし、ずっと後になって立ち直る飼い主さんもいらっしゃいます。

すべてはその人その人に必要な時間ですので、他の人と比べる必要はありませんし、焦る必要もありません。

人によっては、明るく振る舞っていても心の中では深い悲しみのまま、なかなか心が癒えていないこともありますし、時間が経過するとだんだん亡くなった愛犬や愛猫のことを話しづらくなり、心の奥底に悲しみや苦しみを閉ざしたまま、長いペットロス症候群の時を過ごすこともあります。

それらもまた、その後の出会いや経験することなどにより癒される日が訪れるものです。こうして愛する者を喪う喪失体験から、愛する者の命から人生を教えられ、気付くことや学ぶことがたくさんあり、いろいろと考えさせられることによって、以前の自分に戻るのではなく、悲しみから立ち直ることによって強い人になるのです。

そうして、愛する者の命をその心に受け継いでいるからこそ、ペットロスは人を優しくも強くもさせるのです。

 最愛のペットと出逢った幸せを忘れない

愛犬や愛猫など、愛するペットとの別れの辛さはとても大きいものですが、出逢った幸せは比較にならないくらい大きいものです。

ですから、いつか「あの子に出逢えてよかった」と、ふとそんなことに気づく日が訪れることでしょう。

見えにくいことと思いますが、飼い主さんをよく知り、飼い主さんのことを大好きな、とっても素敵な仏様、天使となって飼い主さんに心にそっと寄り添ってくれていることに飼い主さんは気づく日が来ることを願っています。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ