ペットロスでも幸せも思い出もいっぱい

ペルシャ猫

ペルシャ猫(メス)のランランちゃん(享年22歳)の飼い主さんのペットロス克服までの体験談です。


スポンサードリンク

愛猫を甘やかしすぎてしまったと反省

私も妻も大の猫好きで、結婚記念日に猫を飼うことにしました。私も妻もワクワクしながらペットショップへ出向き、出逢ったのがペルシャ猫のランランです。

妻が欄の花が好きだったことからランランと名付けました。ペットショップから連れ帰るとき、妻の嬉しそうな笑顔が今でも忘れません。

気ままな性格の猫が多いですが、ランランはとても与えん坊で、いつも私と妻の間に入ってきて体を寄り添って寝ていました。

また、ランランはよく食べる猫で、おねだり上手な猫でもありました。私も妻も少し甘やかしすぎてしまったので、ランランが肥満気味になってしまったときは獣医師さんにも叱られ、反省しました。

それからは、少し厳しく育てましたがやはり可愛い顔をされると心が折れそうになってしまうことが多々ありました。おやつをあげようとして妻に何度怒られたことか。。。

それでもランランは元気に育ち、ランランとの生活は毎日が幸せで、あっという間の22年間でした。年をとってからはほとんど寝て過ごす日々でした。

亡くなる1ヵ月前からおもらしの回数が増え始め、ランランが少しでも快適に楽に生活できるよう色々と工夫をしました。

それでも食欲はあったので、年をとったらお漏らしくらいどんな猫でもするのでとくに心配はしていませんでした。

しかし、亡くなる1週間前から食欲も減少し、亡くなる2日前には水しか飲まなくなり、最期は眠るようにランランは天国へ逝きました。

ペットロスは愛した証

ランランは老衰でしたので、妻は大泣きしていましたが、私は悲しかったですがショックは少なかったです。

それでもやはりランランがいあに生活に慣れず、心にぽっかりと穴が開いたような気分でした。「ただいま~」と帰ってきても、いつも出迎えてくれたランランがもういないのかと思うと、玄関を開けるのが今でも少し辛いです。

それでも、私はもちろん、妻もランランにはたっぷりの愛情を込めて育てたので、最後まで幸せにしてやれたと思うと、気持ちは楽しかった思い出と幸せだった日々の思い出で胸がいっぱいになります。

あんなに可愛いランランと出会えたことに私も妻も感謝しています。ランランが亡くなってまだ間もないので次の猫を飼う予定はまだありませんが、またランランのように運命の子に出会えることを願っています。

ペットロスは辛いものかもしれません。しかし、幸せも思い出も一生消えることはありません。ペットロスは愛した証拠だと思いますので、ペットロスで心を痛めている方に、笑顔が戻る日がやってくることを心から祈っております。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ