ペットを亡くしたとき

 

最愛のペットが与えてくれたもの

hug1

愛犬や愛猫など、様々なペットたちは無性の愛で私たち飼い主さんたちに、様々な形でまるで宝物のような大切なものを与えてくれます。

続きはこちら

ペットの供養の時節について

犬1

人が亡くなったときには何らかの葬送の儀があり、悲しみから立ち直れるようにと昔からの慣習として節目があります。

続きはこちら

ペットロスの支えと助け合い

話す

人の心はそれぞれ違うものです。誰かほかの人に代わってもらうことはできません。自分の心の声に耳を傾け、何をしたいか、何ができるか、どのようにしてあげたいかを思い、心にある想いを表現してみましょう。

続きはこちら

命の亡くなるときには人生の節目がある

花

ペットを突然なくしてしまうと、「身代わりになってくれた」というとうなことを言われたり、聞いたりしたことはありませんか?そのように言われて辛い気持ちになったこともある飼い主さんもいらっしゃることでしょう。

続きはこちら

高齢のペットを喪ったときのペットロス

猫1

犬もネコもインコもハムスターも年をとります。高齢になって命の時を迎えると、理想的な看取りから大往生とも言われます。精一杯生き抜いてくれたのだから、見送る側も悔いの残らないということでもあります。

続きはこちら

家族間での温度差によるペットロス

孤独5

愛犬や愛猫などの最愛のペットを喪って、ペットの火葬の火葬の仕方について家族間に温度差があり、意見が分かれてしまうことがあります。

続きはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ