最愛のペットが与えてくれたもの

hug1

愛犬や愛猫など、様々なペットたちは無性の愛で私たち飼い主さんたちに、様々な形でまるで宝物のような大切なものを与えてくれます。


スポンサードリンク

ペットはかけがえのない大切な家族

愛犬や愛猫たちは時として、私たち飼い主さを笑わそうとしているか、おかしなことをして大笑いさせてくれたり、仕事から疲れて帰ってくれば、誰よりも先に嬉しそうに出迎えてくれたりします。

「大好きだよ」と言わんばかりの顔をして、飼い主さんの顔を見つめたり、嬉しそうに手や顔を舐めてくれたり、一生懸命にイタズラをして飼い主さんの気を引こうとしてみたりもします。

そして彼ら、彼女らは、私たち飼い主が「愛してるよ」と言って思い切り抱きしめさせてくれます。

ペットが人間の精神や健康に与える影響は、私たち飼い主の心や身体だけでなく、社会生活にも素晴らしい貢献をしてくれています。

愛犬や愛猫など、様々なペットたちは、私たち飼い主にとっては家族であり、宝物でもあります。ペットたちは私たち飼い主さんが言ったことをよく理解してくれて、いつも黙って話を聞いてくれます。

愛犬や愛猫に毎日のように話しかける飼い主さんが多いということは、ペットたちが私たち飼い主の生活の中で、今まで以上に大切で、なくてはならない存在になっていることを物語っています。

ペットは家族でもあり、大親友でもある

友人や家族でも話せないことや理解してもらえないことは誰にでも1つや2つあると思います。そんな自分の感情を、嫌がることなく黙って耳を傾けてくれるのは最愛のペットたち、ということもあります。

人間は時として悪意や裏切りといった絶望を感じさせることさえ簡単にするような者も世の中には残念ながら存在します。

しかし、ペットたちは決して裏切ることもありませんし、他人に告げ口するようなこともありません。もちろん悪意も持たず、反論することもなく、いつでも飼い主さんを受け入れてくれます。

ある調査で、「ペットを亡くしたことが、友人や家族を亡くしたときより辛かった」という人が少なくなかったというのもうなずけます。とはいえ、ペットと飼い主さんとの関係は様々ですし、家族内の関係も様々です。

ペットにあまり話しかけることもなく、1日の中で一緒に過ごす時間はお散歩のときだけとか、食事のときだけとか、寝るときだけという飼い主さんもいることでしょう。

ペットを喪ったときの受け止め方は、それまで飼い主さんであるあなたとペットの関係がどれほど深かったかだけでなく、飼い主さんが今、どのような精神状態であるかによって随分と違うかもしれません。

しかし、愛犬や愛猫など、様々なペットたちを大切にしていた飼い主さんであれば、ペットを亡くして悲しんだり苦しんだりする気持ちは同じです。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ